ジローの部屋

ジローの部屋

日頃の生活に、何かプラスになることを。

来週、おぼえとけよ!

いらっしゃいませ。ご訪問ありがとうございます。
こんにちは、ジローです。
いつもたくさんの星、ブクマやコメント、本当にありがとうございます!
おかげさまで、筆者はぼちぼちとこのブログを続けられています。

前回記事では、筆者の週末の試合について書きました。
同じご飯を食べてきた兄弟姉妹でありながら、なぜにこうも嗜好が変わるのか。
surrealsight.hatenablog.com
さて、今回は週末の闘いについて、その一幕をご紹介。

では、どうぞ。













数少ない勝ちきったメニューのうちの1つ、ワンタン。
筆者は、さらにその範囲を広げていこうとし、スーパーで

水餃子

を見つけた。
筆者は

これはいけるはずだ

と根拠のない手応えを感じ、ニラ、ホウレンソウやタマネギなどの野菜を入れ、豚小間切れも足し白湯系のスープを使って一品を仕上げた。

他の品は、蒸し鶏のレタス巻き、なすと大根の浅漬け。
どれも簡単にできるものだらけだが、そこはレベルに応じて、というところで。

一応蒸し鶏は、刻み生姜と酒を馴染ませて、レンジで蒸してあり、マヨネーズやゴマドレ、ぽん酢の何れかで食べられるようにした。

なすと大根は大した栄養はないが、ご飯は進むはずで、一番の大敵の長女の好みであったことからそこを落とす予定だった。


風呂が終わり、夕食を並べて、いざキックオフ。



速攻席を立ちテレビに近付こうとする5歳児を、筆者は追撃しメインの水餃子で攻める。
自信のあった攻撃に5歳児は屈した。
食が進み、良い勢いで器の中のものが減っていく。

よし、こいつは大丈夫だ。



筆者は次に小5の長女を攻めることにした。

こやつはすぐに、お腹減ってない、と言いだしテレビを見ようとする。
案の定、口は開いているが、箸は止まっている。


なんて、間抜けな面なんだ。


筆者は反応の薄い長女を好物のなすの浅漬けで釣り、そのまま水餃子で落とした。
一応食べている。
速度は遅いが、そこはご愛敬。
食べさえすればいい。




一番食について文句の言わない小3の次女。
ある程度話を聞いてくれ、一番食は太い。
次女はレタス巻きに手を出していた。
マヨネーズでいっている。
よし、良い経過だ。




隙を作ると5歳児が席を立とうとする。

あぶない、見逃すところだった。

確保して、蒸し鶏をマヨネーズで攻めると米も間食した。
よし、一人完落ち。



筆者は長女に照準を戻す。
ペースダウンしている長女に、ぽん酢でレタス巻きを進める。
文句を言いながらも一応食べている。
こやつはマヨネーズをそこまで好まない。


なんとか、まぁ、なんとか、ある程度食べてくれれば。
そして、野菜もちゃんと食べてくれ。



試合は終盤にかかっている。
時間はかかるが経過はまだ良い方だ。
食べ終わった5歳児がチャンネルをYouTubeに変えた。

やばい興味と食い気を一気に持っていかれる。

焦った筆者はふと、次女に目を向けた。


水餃子が入った器が、ほぼ原形で残っていた。




なぜだ!



え、おなかいっぱいなん?と筆者は困惑して尋ねると、

餃子あんまり好きじゃないねん

と。


前、食べてたやないか~!!




負けだ、今日も負けだ。
また違う攻撃パターンを練らないと。

根拠のない自信は、やはり根拠がないものだった。




ちきしょう、ちっきしょう!
来週、おぼえとけよ!




お問い合わせは下のリンクから。
お問い合わせ - ジローの部屋
たまにポチッとお願いします🙇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村