ジローの部屋

日頃の生活に、何かプラスになることを。

正しいことをしたければ、偉くなれ

いらっしゃいませ。ご訪問ありがとうございます。

こんにちは、ジローです。

たくさんの星、ブクマやコメント、本当にありがとうございます!

おかげさまで、ぼちぼちとこのブログを続けられています。



さて、今回は、ドラマのセリフに後押しされた、話。

では、どうぞ。



20年前くらいに、一世を風靡した警察ドラマ。

踊る大捜査線

一人で映画館に行ったり、レンタルビデオ借りまくって引きこもって一気見したり、した。
なぜか、当時響くものがたくさんあって、いかりや長介が亡くなって、本当に残念だった。


学生や社会人になりたてのころは、今とは違った敏感さがあって、自分の中の当たり前と社会の当たり前の違いなんかに、頭を悩ませていた。


当時みた映画や聞いていた音楽ってのは、何か生活に追われていても今でも時々、ふとした瞬間に出てくることがある。


それは頭の中で、BGMのように、しかもループしながら流れたりして、思い悩んでいたことに、ふっと光が差し込んで来たりして、不思議なもんだな、と思う。



最近、あたまにある悩ましいこと。

今の役職での仕事のやり方と、本社と支店とのギャップ。
自分が何を仕事でやりたいのか、とか。
現場がうまく回るようにするために、上だけ見てるんじゃなくて、とか。

そこんとこの仕事の幅と裁量を広げるには、1つ上に上がらないといけない。

ブログで知り合った

大笑 (id:kakadaisyou)さん

もチャンスがあるなら、という話をされていて
(この人はすごく人間的に出来た人だと、筆者は勝手に思っている)

だから、1つ上に上がることを目標にして、今の仕事をしっかりとやりきろうと、思った次第で。


正しいことをしたければ、偉くなれ
          和久平八郎



いかりや長介扮する和久さんの言葉。
これは会社組織の中で、正論だった。

まずはどこかに宣言して、ぐずぐずになりがちな自分の退路を断とうと思う。



いろいろな人のブログがあるので、こちらもどうぞ。
ブログアンテナ