ジローの部屋

日頃の生活に、何かプラスになることを。

大きな栗の、木の下で

いらっしゃいませ。ご訪問ありがとうございます。

こんにちは、ジローです。

おかげさまで、気が付くとブログ開設から5カ月をとっくに超えていました。

これもご訪問の皆様のおかげです。

ありがとうございます。

 

さて、今回は、顔から火が出る恥ずかしさ、の話。

 

では、どうぞ。

 

 

 

 

筆者の大学は教育系の大学。

過程は初等教員養成課程だったため、小学校の先生になりたい人が集まってきていた。

皆、理想の先生像があって、目標を持って集まってきている人たち。

 

大学の授業は、いろいろな科目がある。

その中に音楽があり、ピアノやリズム表現、お遊戯などがあった。

これは苦手とか、皆の前でやるのが恥ずかしいとか言ってられない。

なにせ、卒業の為の必修になっているため、避けては通れない関門だった。

 

筆者が一番困ったのは、音楽の表現活動。

そう、お遊戯

 

大教室の中央で、4曲ぐらいの中から1曲選択し、振りを付けて歌う。

完全に注目の的で、伴奏もなくアカペラで。

もし音が外れようものなら、大爆笑に包まれる。

 

低学年向けの活動だが、女子がやる分には、かわいい、で通る。

男子がやるのも、できる人なら悔しいくらい様になる。

 

しかし、そうでない連中には、完全にさらしものだった。

 

教授に、どうしてもやらないといけませんか、と聞いてみたが無駄だった。

 

 

様にならない友人が、学籍番号順に進められるため、先に出陣していった。

大爆笑に包まれ、廃人になって帰ってくる。

よくやった、ここで自分を取り戻せ。

絶対不利の戦場に送り出す、衛生兵のようだ。

 

 

筆者は徐々に近づいてくる自分の番に恐怖していた。

筆者が選んだ曲は、大きな栗の木の下で

 

大きな栗の木の下で

あなたと私、なかよく遊びましょ

大きな栗の木の下で

 

誰もが知っている、この曲だ。

 

声が小さいと、やり直しになる。

かなり歌っている中でやり直しになると、それだけさらしものの時間が長くなる。

そのため、やり直しだけは避けなければならない。

 

 

顔から火が出るとはこのことかというくらい、でかい声を出して適当に考えた振付を付けて歌いきる。

皆、普段のキャラとそこにいる自分は全く違うため、爆笑している。

 

耐えろ、この時間を耐えるんだ。

自分に言い聞かせて、周囲の爆笑に耐えきった。

 

 

入社試験、初めての仕事、飛び込みの営業、知らない人を前にする講演、インタビュー、失敗できないプレゼンetc.

 

しかし、あの時の恥ずかしさに比べたら、大したことはない。

一度深呼吸して、流されてるところを、自分時間に。

 

さて、今日もがんばろう。

お問い合わせはこちら surrealsight.hatenablog.com いろいろな人のブログがあるので、こちらもどうぞ。 ブログアンテナ