ジローの部屋

日頃の生活に、何かプラスになることを。

めちゃくちゃ怖い、晩御飯

いらっしゃいませ。

こんにちは、ジローです。

いつも、たくさんの星、読者登録など、本当にありがとうございます。

おかげさまで、このブログも間もなく1ヶ月。



さて、今回は、姉妹プロデュースの食事の話。


先日、子供と晩ご飯に何を作ろうかという話をしたところ、

めちゃくちゃ怖いご飯

を作ろうという話になる。


リビングでは、ひそひそと作戦会議が行われ、出かけている母親を怖がらせようと彼女らは企んでいる。
姉妹から集合がかかり、フムフム、なるほど、という話になる。


スーパーにいって食材を購入するが、スーパーにめちゃくちゃ怖い食材はない。
魚の顔が怖い訳でもなく、ミミガーみたいな形そのもののようなものもない。
しかも怖いはずなのに、彼女らは楽しそうだ。


買い物が終わり、家に帰る。

そして、ご飯を炊き、おかずを作って、味噌汁と、ありきたりの晩ご飯が出来上がる。


作戦会議を開いていた会議の評議員であった姉妹は

重要な仕上げ

を担当するはずだったが、すでに興味は他に移ったらしく、今日も洋物の人形で遊んでいる。
仕方ないから、仕上げをした。


母親が帰ってきた。
彼女らは仕上げの仕込みを思い出した。


筆者は慌てている彼女らに

もう仕込み済み

と伝えると、満足そうにうなずいている。
どこが怖いのか、笑っているが、少し悪い表情だ。


長女が食卓へ全員集合をかける。

そして、今日のご飯は怖いで、と説明を始める。
テーブルの上はありきたりの夕食。

しかし、恐怖の味噌汁があるらしい。





今日、麩の味噌汁、が。



一瞬の沈黙のあと、彼女らは笑い転げる。
サツキとメイばりに。

彼女らは味噌汁は全部食べた。

頼むから他のものも全部食べてくれと、切に願う。



いろいろな人のブログがあるので、こちらもどうぞ。
ブログアンテナ