ジローの部屋

日頃の生活に、何かプラスになることを。

子どもの身長の、伸ばせ方

いらっしゃいませ。

こんにちは、ジローです。

たくさんの星、読者登録やコメントなどをいつも本当にありがとうございます。

最近ちょっと固い話が続いたので、今日はガラリと違う内容でいこうかと。



さて、今回は、筆者を題材にした、子どもの身長の伸ばせ方の話。



筆者は身長は187センチ

バスではつり革の支柱で頭を打つこともあるし、和の家では敷居が低い。


小学生の頃、だいたい後ろから2番目位だったが、小6の頃に周りがどんどん伸びていって、中学入ったときは

真ん中

だった。


ただ、中学で21センチ程伸びて、高校で9センチ位伸びた。

そうして、現在の身長に至る。


筆者の実家の食事は変わっていた。

といっても、確かに

 - ご飯をたくさん食べる

 -牛乳をよく飲む

ってのは、普通で

 -早寝早起き

ってのも、よくある家庭のとおりやっていた。



変わっていたのは朝ごはん。

まず、パンと牛乳系の飲み物がある。

その次にご飯とみそ汁が出てくる。

このほかに、卵系のおかず、果物が。

それと必ず小魚がでてくる。
煮干し、ちりめんじゃこなど・・・。

小魚は子供なりにおいしくないんだが、毎日朝食に出てきていた。


そして、冷蔵庫の中の飲み物は、麦茶と牛乳しかなかった。

ジュースの類は、ない。炭酸禁止だった。

たまにもらい物のカルピスがあったくらい。

夏場は、牛乳の消費量が半端なかったと思う。


これらの生活が高校まで続き、

小学校は、ソフトボール、陸上長距離
中学、高校はサッカー

の運動をして、小学校の頃はけっこう外で遊んでいた。


ちなみに、同じように培養された弟も180センチ越えだが、同じような食事や運動量でなかった妹は人並みだ。

親父は170センチもなく小柄で、オカンは160センチ位。


おそらく、

 食事量とバランス

 朝食の内容

 睡眠している時間帯と時間量

あたりが、キーなような気がする。


ただ、これについては他の事例を調べたわけではないので、一個人の参考情報としてもらいたい。

筆者も折を見て、もう少し調べてみようと思っている。


いろいろな人のブログがあるので、こちらもどうぞ。
ブログアンテナ